PG エヴァンゲリオン製作レポート Part3

↑完成したPGエヴァ。ボディカラーはかなりダークな感じ。写真では分かりにくいのだが、パールブルーを吹き付けてあるので、光の当たり方で微妙な輝きを見せてくれる。



■腕と足の製作

 さて、前回にも書いたように本キットの最大の難関がゴムスーツの取り付けだ。

胴体となる骨格パーツは、さほど厄介ではないのだが、腕と足のフレームにゴムパーツを着せるには至難の業なんですねえ。あえて言うならLL体系の人間がMサイズのジーンズを履くようなもんです。ともかくキツイ。

特に足は膝のパーツを取り付けるための基部が大きく出っ張っているため。Tとても着せずらいです。前回でも書いたようにパーツのひっかかる部分にミニ四駆用のグリスを塗っておき、すこしずつ着せていくのが一番ベターなようです。

 足は骨格パーツにゴムスーツを着せた後、胴体と結合、その後に太もも周りの外装パーツを取り付けてしまう。そうしないとパーティングラインの処置ができないんですね。面倒だけれど構造上仕方なのであります。三角柱な膝パーツも足側の基部に挟み込むように取り付けるんだけれど、やはりパーティングラインが激しく露出してしまうのと、後塗装がやっかいなので、基部側の取り付け穴を加工して後付けできるように改造しています。

↑腕はグリーンの帯部分パーツは、パテによる修正が必要。とゴムスーツの継ぎ目もきれいに繋がってくれない。パーツを接着してしまい、ポリパテで継ぎ目を修正、後プパーツとの継ぎ目は瞬間接着剤で隙間が出来ないように接着。最後にマスキング塗装を行う。

↑足首の装甲の隙間が気になるんんですよねえ。設定ではもっと足首にフィットしてます。

↑足の装甲はゴムスーツとの兼ね合いで、胴体と足の接合後に取り付けるのだが、そのため同体と足の塗装はゴムスーツ部分をマスキングしてからといういうことになる。



■最終組み立て

ゴムスーツと手足の取り次げが終わってしまえば、後はそう難しい工作はないです。別に塗装しておいた装甲(拘束具)を取り付けていけばOK。ただしこのパーツも接着してしまった方が無難ですねはめ込んだだけだとパラパラ外れやすいので、股間(でいいのか?)の装甲は左右合わせの関係で、太もも横にパーティングラインが出来てしまいます。そこで先に接着してしまいパーティングラインを処理した後機体に取り付けて塗装となります。

 後、気になるのが足首部分の装甲(緑色のパーツ)ですね。幅が狭くて足首から浮いたようにしか取り付けられないのです。実際はもっと足首に馴染むように左右に広い感じです。左右パーツを接着する際にパーツを広げると

少しは浮いた感じがなくなります。

↑発光ギミックの電池を収納している変圧器?もパーティングラインを丁寧に処理。それらしく塗装してやればいいのだが、そのままだとどうにも収まりが悪い。作例ではミニディオラマを製作してベースに両面テープで固定してある。



■ギミックのこと 作例では、エントリープラグ可動のギミックを固定しちゃったし、ガタが出てしまう右パイロンの開閉ギミックも固定してしまいました。口の開閉とあまりガタの出ない左パイロンのアグレッシブナイフのみ生かしてます。あと指が動かないが辛いですね、パレットガンやマゴロクソードなどウエポンを持ち変える場合、手首ごと交換しなきゃいけない。

 しかし完成させて見ると分かるんだけれど、思っていた以上にポーズが取れない…腕にしても足にしてもあまり無理なポーズをとらせると、ゴムスーツが裂けそうで、特に足を広げた場合、股間からピッと切れてしまいそうなんですねえ。

 作例では膝関節にスーツを着せる際につけた傷から破けてトホホホになってしまった。まぁ破けてしまったものは仕方がない。ホームセンターなどで売っている薄手のゴムシートを使ってパッチを当てれば。裂け目がそれ以上は広がらず、また目立たなくはなります(ちょっとビンボ臭いけど)。この際接着剤にはゴム用のGボンドを使うこと。瞬間接着剤を使うと、ゴムが硬くなってしまい、またそこから裂けてしまうので要注意。ぶっちゃけはあまり動かして遊ぶモデルではないです。プロポーションに関しては、足が太いの中年体型など、いろいろと酷評されているみたいですけれど、迷人的にはそんなに悪くないじゃんと思っとります。エヴァのプロポーションって騙し絵みたいなところがあるから模型での再現も難しいんですね。いやホント

 あと肩のロゴマークが電飾で光るんだけれど、光らせてもあまり面白くないです、電池ボックスとなっている変圧器がかなりチープなのも辛いところ。エントリープラグのソケットも抜けやすいし…どうしても光らせたいと言うのでなければ、オミットしてしまった方がよろしいようです。

 イロイロ不満が多いキットだけれど、思い切って固定ポーズにしてしまいディオラマ風に仕上げればサイズも大きいのでかなりの迫力、 来年は新作映画公開でブーム再燃は間違いないでしょう! 何だかんだ言いつつも、けっこう気に入っているのであります。

 

Copyright (C) 2006 GAINAX Co.,Ltd. All Right Reserved.



[PR]
by hobby_starchat2 | 2006-11-10 21:06
<< 電脳戦機バーチャロンマーズ フ... 宇宙戦艦ヤマトメカニックファイ... >>