第2回ミニ四駆PRO プレスカップレポート

↑コクピットの後ろでボディを約3センチ切り詰めてます。



 19日の日曜日。ツインメッセ静岡に到着。 そう! 今日はタミヤフェアでのミニ四駆PROプレスカップの第二戦が開催されるのである。しかし今回はスケジュールの都合がつかずホビーチャンネルチームでの参戦はできず、半プライベートでの参戦であります。半ってのは前回マシン製作依頼された知り合いの某チームに助っ人としての参加だから。今回はホント時間がなく(じゃあP-4なんか改造してんじゃねーよ…という突っ込みはともかく)、シャシーは前回のマシンを整備しての参加、ボディのみ新作での参戦であります。

と言うワケで、昨晩は、番組収録後から、そのままマシンの仕上げやらセッティングやらでじゃんじぇん寝てません。レース前日徹夜でマシン仕上げってのは毎度のお約束ですけどね~。

 とは言うものの今回は時間がなく、シャシーは別のレースでタイヤシャフトが曲がっていたものを交換しただけ、それに製作したなんちゃってオリジナルP4のボディを載せただけ。まぁそれでもタイヤだけは大径サイズのチョイスしてますが、これとてボディが1/24なので、小径だとバランスが悪くなるんで見た目重視のセッティングなんですけどね。実は今回、走りを煮詰める時間がないこともあって、コンデレのみにターゲットを絞り込んでの参戦なのだ。いや姑息です。

 ゆえに製作したP4はお約束のリアル志向。ホイールベースを合わせるためにボディを切り詰めた関係で、整合性のなくなったラインを合わせるためにポリパテやら補強用のプラ板使いまくり、その上ドライバーヘッドは乗せるわ、リアに積まれたスペアタイヤまで再現しちゃったモンで、ともかく重い。ノーマルのボディに比べて15グラム以上重い…という走り屋に見せたら激怒りモンのバチ当たりなマシンとなっとります。

↑最上級者向け・・・のワリには大味のキット



 しかし、下地塗装から丁重に仕上げてクリア2度吹き、研ぎ出し磨き上げしただけあって見た目は、かなりいい感じに仕上がってます。

 まぁぶっちゃけレギュレーションで本当はタミヤのキット意外は使うのは反則になるんだけれど、敢えてユニオンのキット使ってますからね、レギ違反と言われればそれまでなんですけどね、そこはそれ個人参加ってことでかなりお気楽にやってます。まぁ実は理由はもうひとつあって、タミヤにミニ四駆でこういったクラシカルマシンのリアル志向ボディを出して欲しいという提案をしているんですけどね、そうすればミニ四駆にさらに幅が広がるぞっと、まあそんなことを考えているワケですよ。

↑下地塗装となるピンクを吹き付けているところ。



 ■さてコンデレの行方はと言えば……

 今回もレースは3種目で構成され、それぞれの獲得ポイントに応じて個人部門とチーム部門で総合的な順位が決定されるということになってました。 

 まずは、走らせてシンが壊れる前にということで、コンデレ(コンクールドデレガンスのことね)が参加者による投票で選ばれる。ほとんどのチームがミニ四駆のボディをそのまま使用している中、P4とさらにモデルカーズチームが製作したユーノスロードスター仕様のマシンが3ポイントづつを獲得、P4に関しては、やはり「ミニ四駆ボディがベースではないので本当は失格なんですが…」との注釈がつけられたものの、同率1位を獲得した。

↑コンデレで同じく1位を獲得したモデルカーズチームのユーノスロードスター。



 本来ならこれで目標を達成したので後はのとなれ山となれ…まぁそこまで無責任ではないですが走りに関しては、1回戦敗退で当然と思っていたのでありますが……

 しかしレースってのは分からんもんです。40メートルタイムトライアル(よーするにゼロヨンね)では前回ワタシが製作したアバンテ・フェラーリ仕様がブッチギリの13秒台で文句なしの1位。これは意外だったな~。折り返しでマシンの向きを変えるのがスムーズに出来たのと、物は試しに使った高分子接点復活剤が効いたか?

↑コースは20メートルを走りきった地点でチームメイトがマシンを手動で折り返す、この折り返し作業がタイムに大きく影響。

 そして、今大会の最後を飾るのが、5レーンの大型サーキットを使用した“トーナメントレース”のスタートだ。前回に比べるとコース長は短め、どちらかといえばテクニカルなコースレイアウトなのだが、一箇所スロープが設けられていたんですねえ、これが大鬼門になったのであります。

↑写真左に見えているのが問題のスロープ。一見なだらかに見えるのだが、ここで多くのマシンがコースアウトしていた。



 練習走行で各チームのマシンが飛ぶ飛ぶ…そう!高速走行よりのセッティングが仇になってしまい、勢い余ってスロープで飛び出してコースアウトしてしまうのである。我がライバルの週間アスキー、アカザー号も、スピードが速すぎてやはりスロープで飛んでしまう。 各チーム本番直前に大慌てでセッティング変更、我がチームはと言えばメンバーのマシンはやはりコースアウトしてしまう中、P4は重いボディが幸いして、想像以上に安定した走りを見せてくれたんですねえ。

 チームのマシンには、やや消耗したバッテリーを使うことで、スピードを抑えるという対策でコースアウト対策を施したのが功を奏して、準々決勝…準決勝と勝ち進んでいく、そして決勝レース、チームメイトの2台のマシンは見事優勝! 



 当てにしていなかったP4は、あろうことか準決勝まで残り、そのレースでも最終コーナーまでトップを維持、まっ、そこでコースの段差でマシンが跳ねてコースアウト→リタイアと相成ったのだけれど、もしこれがなければ優勝…

 チームの完全優勝だったワケだ。まぁレースに もし は禁句ですけどね。 総合成績でコンデレタイ優勝・チーム優勝・個人優勝と総舐め。う~ん、前回に比べて参加チームが少なかったとか、優勝候補のホビージャパンが、速すぎてコースアウト等等、タナボタって気はしなくはないけれど、やっぱり嬉しいっすねえ。

本当はもっとたくさんいろんなカットを撮影したんだけれど、デジカメのスマートメディアのトラブルでほとんど全滅、いや参りました~。



チーム成績(敬称略)

1位:PRONWEB Watch

2位:レスポンス

3位:モデルカーズ

4位:ホビージャパン

5位:J's Tipo

6位:週刊アスキー

7位:週刊玩具通信



個人成績 TOP5

1位:PRONWEB Watch(No.18)

2位:PRONWEB Watch(No.17)

3位:レスポンス(No.15)

4位:ホビージャパン(No.5)

4位:モデルカーズ(No.11)











[PR]
by hobby_starchat2 | 2006-11-25 22:02
<< 新春第1弾 コスモゼロを作る! 電脳戦機バーチャロンマーズ フ... >>